整理整頓には捨てる勇気が必須! 片付けが超~簡単になる捨てるコツ

整理整頓は捨てる勇気

どうも、仕事用のカバンが家のゴミ箱の上に直立していた時には慌てふためきましたワーパパこと ひなさく(@hinasaku365)です。

2歳児恐るべし。

みなさん、なかなかモノを捨てられずにクローゼットの奥に眠り続けている…ってことありませんか??

整理整頓するにしてもなかなか捨てる勇気が出ない…

収納や片づけをするときに捨てるコツとか方法を知らないんだけど…

そう悩んでいる人に向けて、

今回は「捨てる」という行為にスポットを当ててみました。

捨てるコツを知れば片付けが進みます。

更に、捨てる勇気は意識次第で持つことができます。

私自身、その意識で「捨てる勇気」を持てるようになりました!

捨てることで、人生もスッキリさせちゃいましょう!!

スポンサーリンク

整理整頓の本質的な行為「捨てる」について

整理整頓の「整理」とは物を減らし、捨てる事です。

整理整頓をすることと物を捨てることは密接な関係があり、
捨てる行為なくして整理整頓はできないと考えてよいでしょう。

つぶやきシローさんも捨てられないようですw

twitter上でも結構「捨てられない!!」というツイートが多いですね~。

捨てることの効果

捨てることの効果

もったいないという気持ちや、いつか使うかもという思いから モノを捨てることができない人は多いのではないでしょうか??

しかし、
物を捨てることは決してマイナスな事ではありません。

むしろ捨てることをきっかけとして多くのメリットを得ることができます。

集中力が増し作業効率が上がる

たとえば、作業場がごちゃごちゃしていては気持ちが落ち着かなく、集中も続きません。

不要なものを処分することで探し物や余計なものに構う無駄な時間がなくなり、作業を中断しにくくなります。

予期せぬ作業の中断で集中力が途切れにくくなるので作業に没頭することができるのです。

テスト前になぜだか気持ちが落ち着かなくなったことないですか??
これも集中力が途切れてしまっているから起こってしまうんです。

なぜ!?「テスト前に片付けがしたくなる症候群」原因はコレだった…

後回し癖がなくなり、現状を維持するようになる

一度キレイにしてしまえば、そのキレイな状態を維持するために自然と気を向けるようになります。

元がキレイであれば、ごちゃごちゃしている状態では後回しにしていた掃除や片づけも率先して行うようになるものです。

とにかく脳内にキレイな状態をインプットさせちゃいましょう!w

そして、
キレイな状態を維持していれば気分の良い状態が続き、モチベーションアップにもなります。

一度の整理整頓が、結果的に高いモチベーションと身の回りの整理整頓の両立を可能にするのです。

新しい気付きが生まれ、仕事の正のサイクルが生まれる

モチベーションが上がった状態で効率的に仕事をこなしていれば、仕事の風景も自然と今までと違ったものになります。

すると、今まではゴミに埋もれて気づかなかった発見や新しいアイディアが見えてくる事もあるでしょう。

私自身の経験では、
モノを捨ててスッキリさせると、頭の中もスッキリして、新しいコトを取り込むスペースが頭の中にできた感じがします。

そして、新鮮なアイデアがドンドン入り込んでくるんですね、これが。

新しい気付きは仕事のモチベーションも高めてくれて、その現状を維持するために整理整頓を徹底するという正のサイクルももたらします

不要なものを捨てることは、単純にモノを捨てる以上の大きな効果を得ることにつながるのです。

捨てるコツ

捨てる行為のメリットは理解していただけたかと思います。

とはいえ、簡単にモノを捨てられるなら苦労はしませんよね。

そこで、
今すぐ実践できる、モノを捨てるコツを紹介します。

整理整頓の際に、是非参考にしてみてくださいね!!

すぐに行動する

捨てる行為に関して、そのタイミングは常に「今すぐ」がポイントです。

すぐに捨てられないのであれば、ゴミ箱や一時保管場所などに入れていつでも捨てられる状態にしておくだけでも構いません。(あらかじめ保留スペースを設けておきましょう)

大事なのは後回しにしない行動力です。
とにかく捨てられるものがあればすぐに捨てるようにしましょう。

目の前のものから捨てる

何から捨てるか迷ったときは、まず目につくものから捨てていきます。

(気が狂ったように捨てるという意味ではありませんよw)

見えるところだけでも綺麗になれば掃除をした という達成感やモチベーションの維持につながります。
また、目の前を綺麗に保つことで自然と目につく範囲のごみはすぐに捨てるよう「捨て癖」がついていきます。
そして、少しづづ視野を広げていくことで綺麗な生活空間を作ることができるでしょう。

捨てるのに悩まないものから捨てる

捨てるのに悩まないものから捨てていくのが鉄則です。

捨てるのに悩んでしまう代表例として、思い出の品というのがあります。

思い出の品を捨てるかどうか…いつまでも悩んでいても時間の無駄になってしまいます。次第に整理整頓する気持ちも落ちてきてしまうでしょう。

そうなってしまうのであれば、部屋に散らかっている空き箱や燃えるゴミでも捨てて、少しでも部屋を綺麗にしたほうが効果的です。

目に見える効果もあり、やる気を持続させられます。

思い出の品を捨てられない心理は「捨てられない脳内思考」の中で紹介しています。
捨てられない人には他にも多くの特徴があるので一読してみてください!!

あなたはいくつ当てはまりますか??

整理整頓が苦手な人の脳内思考と行動パターンとは?【克服への一歩】

捨てる基準は使えるかではなく使うかどうか

たいていのものは使おうと思えば使えるものです。
ですので、捨てる際の基準は「使えるかどうか」ではなく「使うかどうか」にするべきです。

過去をさかのぼって、実際に使ったことがほとんどないものに関しては処分して問題ないはずです。

片付けるのではなく捨てる

片付けとは、元の収納場所に「戻す」ということです。

言ってしまえば見えなくしているだけともいえますので、モノの総量は変わりません。
ゴミにとっての新たなスペース作りをしていることにもなってしまいます。

整理整頓を整頓整理と言わないのは、綺麗に整える「整頓」には先に物を減らし捨てる「整理」をする必要があるからです。モノを減らさずして整理整頓は成り立ちません。

奥にしまい込むくらい利用頻度の少ないものならば、いっそのこと処分してしまいましょう。

捨てる手順

捨てる手順

部屋全体といった広範囲のスペースを片づけるのであれば、きちんと手順を考えて行動した方がスムーズに作業を進められます。

ここではモノを捨てる際に効率的な順番の一例を紹介します。

参考にしてみてください。

① 迷わずゴミと判断できるもの

最初に捨てるものは迷うことなくゴミに出せるモノがいいです。

  • 通販などの空き箱や段ボール類
  • 期限切れの食品等
  • 燃えるゴミなどの家庭ごみ

まずは捨てやすいものから捨てて、モノを減らしていきましょう。

少しでも部屋がきれいになればその後の掃除を続けるモチベーションにもなりますよ。

② スペースを占拠しているもの

確実に捨てるゴミを捨て終わったら、次は部屋を占拠している割合の多いモノ…、つまり大きなモノを処分します。

自力で捨てるのが難ししければ、戸別収集等を行っているお店や自治体もあるので住んでる地域ではどうなっているか調べてみてください。

スペースを占拠しているものを捨てることで広い空間を確保できます。
掃除が進んでいるという実感もわいてきて掃除に対するやる気アップにもつながるでしょう。

③ 残った日用品

最後に、これまでの掃除で残った衣類や書類などの日用品を処分していきます。

ここでも基本的には「場所を取って捨てるのに悩まないモノ」から捨てていきましょう。

具体的には保管にスペースを使う衣類や本は先に捨てる…、捨てるのに悩んでしまう書類や大事なものは後回しにするのがよいでしょう。

ただし、
日用品はどれも使おうと思えば使えるため、もったいないと思う頻度が高く、なかなか捨てられない方も多いと思います。

ですから、
少しでも決心がしやすくなるために、以下のことを意識してみてください。

分類ごとにひとまとめにする

同じようなものや似た役割のものがわかりやすくなり、捨てる決心がつきやすくなります。

使用期限を決める

使うかもしれないと思ったものは、使用期限を決めてそれを過ぎて使わなければ思い切って捨ててしまいましょう。

所持上限を決める

沢山持っているものは所持上限を決めることで本当に必要なもののみを残せるようになります。

紹介記事  モノを捨てて本気でミニマリストになろうと思う方はコチラ↓
始め方を知ることができるサイト「始め方.xyz」に多くの情報があります。

物を捨てる方法や減らすコツ!部屋を片付けてミニマリストになろう

捨てる勇気を持つには

捨てる勇気を持つには

それでもまだモノを捨てられないということは、捨てたことを後悔したくないという思いが強いのだと思います。

ここで、「捨てる勇気」が必要になってくるのです!

どうしてもモノが捨てられない時は、下記のことを意識してみてください。
きっと悩むあなたの手助けになるかと思います。

一つのものに執着しない(変わりはいくらでもある)

捨てるか悩んでいるようなものは、普段からほとんど使っていないものでしょう。

それがなくなったとしてあなたの生活に影響はありますか?
もしくは、必要になった時でも手軽に手に入るものではありませんか?

あなたが悩んでいる「それ」を捨てたとしても、あなたを取り巻く環境に与える影響は皆無である場合がほとんどです。

であればその執着ごと捨ててしまいましょう。

肩の荷が下りて気が楽になるはずです。

沢山のものを持つことだけが豊かさではないと知る

モノを大事にすることはとてもいいことです。

ですが、ただ所持しているだけのものを大事にしているといえるのでしょうか??

上記でお話しした通り、
モノを増やすことだけでなく捨てることにも多くのメリットがあります。

ただやみくもにモノをたくさん所持しているだけでは豊かであるとはいえません。

整理整頓を徹底すれば本当に必要なものだけを所持する事になります。

そうして厳選したものを無駄なく使い切ることも立派な豊かさと言えるのではないでしょうか。

「捨てる」に関する格言を読む

おすすめしたいことの一つに、格言を読むということがあります。

だらだら説明を聞くのが苦手な人も多いと思いますので、そういう人は格言や名言で直感的に頭に入れてみてはいかがでしょうか??

「捨てる勇気」を持てる有効な手段に成り得るでしょう。

こちらにまとめていますので、興味ある方はご覧になってください!

【まとめ】整理整頓の格言・名言 原則を知ってやる気を出す!

まとめ

捨てるとは手放すということです。

確かに捨て慣れていない人にとっては自分の所有物を手放すことに抵抗があるかもしれません。

しかし、
モノを捨てるという行為でしか得られないものも確かに存在します。

自身にとって不要なものを処分することで、結果的に豊かな生活に近づくことができるのです。

正しく効率的にモノを捨てて、煩わしさのない生活を目指しましょう!!

今回の「捨てる」という話は整理整頓が苦手な人の脳内思考にも関係性が深いです。是非、こちらもご覧になってください。

整理整頓が苦手な人の脳内思考と行動パターンとは?【克服への一歩】

では、みなさん、
シュッとした人生を!!

▼ 読むだけで変わる!推奨する書籍

  整理整頓の第一歩を支えてくれる本

整理収納アドバイザー公式テキスト  一番わかりやすい整理入門 【第3版】「片づけられない!」「間に合わない!」がなくなる本―ADHDタイプの「部屋」「時間」「仕事」整理術「収納が苦手」な人のための片づけ術

▼ あなたにオススメの記事5選!!