【完全版】整理整頓とは?整理と整頓の本質を知る→100%苦手克服

整理整頓とは?「整理」「整頓」の意味と違いを全力でまとめてみた!

どうも、先日 子どもに部屋を醤油まみれにされた…ワーパパこと ひなさく(@hinasaku365)です。

みなさん、整理整頓について把握できている! と 自信をもって言えますか??

そもそも整理整頓ってどういう意味なの…
「整理」と「整頓」の違いがわからないんだけど…

多くの人が本質的な意味を把握できていません。

ひなさく

私も同じく…でした。

そこで今回、整理整頓とは? 整理・整頓の意味 について、全力でまとめてみました!!

人生の半分は整理整頓」というドイツのことわざがあります。
整理整頓について知ることは、人生を豊かにすることにも繋がります。

きっと、新たな人生への道になるはずなので、しっかり知ってみてください!

Let’s SHUTT LIFE!!

 ↓↓ シュッとCheck!  ↓↓

この記事の3つのポイント
  • 「整理」と「整頓」は全く意味が違う
  • 整理整頓は目的・目標ではなく「手段」
  • 整理整頓が人生を変える第一歩になり得る
スポンサーリンク

整理整頓の意味 「整理」と「整頓」の違い

整理とは?整頓とは? 整理整頓 意味の違い

ひなさく

まずは「整理」と「整頓」それぞれの言葉の意味から知っていきましょう。

掃除や片づけを整理整頓と言ってしまう人もいますが、実際は整理」と「整頓」では意味合いが大きく違うものとなります。

整理とは?

整理とは

必要なものと必要ないものに区別し、必要ないものを処分してしまうことを意味します。

モノが多い中、あれもこれもと手を付けて片付けをしても、一向に作業は進みません。
大事なことは不要なモノを減らすことです。

使うかもしれないからと処分をためらってしまうと、整理の意味がなくなってしまいます。
断捨離の精神で、不要なモノは処分し、整頓するモノの選択肢を減らすことが重要です。
→ 捨てる勇気・捨てるコツ

整理とは

  • 不要なモノを減らすこと。
  • 必要なものと不要なものを区別して、不要なものを捨てることを指す。

(参考) 整理という言葉の語源

整理という言葉には、乱れた状態にあるものを整えるという意味と、不要なモノを取り除くという意味が含まれています。
道理理論などに使用される文字として整理の「理」があり、「物事の筋道」という意味合いがあります。

つまり、語源から読み取ると、整理というのは道筋に沿うように整えるという意味があると言えます。

整頓とは?

整頓とは

整理して残ったものをいつでもだれでも取り出せるよう秩序立てて配置することを意味します。

不要なものがあっては、秩序立てて並べ替えることは難しいです。
規則正しく並べておけば、次に使うときにもスムーズに利用できますよね。
整理整頓を “整頓整理” と言わないのも、このあたりの順序に由来します。

先に整理をして、不要なものを処分する。
そして、選択肢を極力減らしてから整頓した方が効率的なのです。
※ この理論は、ジャムの法則(スピード選択と判断力の原理)と言われていて、人間の心理でもあります。

整頓とは

  • 見た目を整えて、配置すること。
  • 必要なものをいつでも誰でも取り出せるように、秩序立てて配置することを指す。

 重要① 整頓の要点

整頓には「いつでもだれでも取り出せる」という必要条件がありました。
ただし、整頓の要点は、そのにあります。

「いつでもだれでも戻せる」ということです。

秩序立てて配置ができていれば、配置のルールに詳しくない人でも、元の場所に戻しやすくなります。
直感的に取り出せて、直感的に元に戻せることは、整頓における理想的な状態と言えます。

ひなさく

その際、収納用のアイコンラベルを活用することはとっても効果的です!
理にかなった工夫ですよね。

 重要② 整頓する人には責任がある

自分のためだけに、整理整頓を実行することもあるでしょう。
しかし、なによりチーム・グループで役立てることが重要です。

例えば、オフィスでのファイルの管理において、整頓する人が秩序立てて並べ替えしなかった場合、どういう影響をもたらすでしょうか?

そのファイルを使用する仕事仲間が困ることでしょう。
後々、本人にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

ひなさく

どこに戻せばいいのかわからへんやん!?

そう言われないように、整頓する人が「取り出しやすさ」「戻しやすさ」を一番に心がける必要があります。

関連記事  この時代を生き抜くための大事な能力…ありますか?

整理整頓力とは? ~収納の方法を知る前に整理すべき3つの要点~

整理整頓の位置づけ 目的?目標?それとも手段?

整理整頓の位置づけ

さてさて…

これまで、「整理」と「整頓」という言葉の意味から、違い本質的な意味合いをまとめてきました。

では、
整理整頓はあなたにとって目的なのでしょうか? 目標なのでしょうか? 手段なのでしょうか?? ( 目的と目標の7つの違い )

私は、整理整頓とは目的・目標を達成するための「手段」だと考えます。

たとえば…

目的 : 仕事を効率化して成果をあげる

目標 : 必要なものを必要な時にすぐに使えるような状態にする
    (具体的に → 探し物の時間を0回/日にする。など)

手段整理整頓

目的と目標をごっちゃにしてしまって、「整理整頓することだけが目的(ゴール)なんだ!」としてしまうことは良くありません。

なぜならば、整理整頓することがゴールの場合、整理整頓が継続できないからです。

ひなさく

整理整頓は、ほーんとに継続することが大事!(習慣化)
整理整頓のコツ でもしっかりまとめているので、絶対チェックですよ!

NEXT PAGE
知らなきゃ困る! 整理整頓のメリットとデメリット
苦手な人の特徴とは
!?

▼ あなたにオススメの記事5選!!