【まとめ】整理整頓のコツ これだけ見ておけば100%問題なし9選

【まとめ】整理整頓のコツ これだけ見ておけば100%問題なし9選

どうも、家事・育児に悪戦苦闘の毎日ワーパパこと ひなさく(@hinasaku365)です。

みなさん、整理整頓のコツがわからない…そう思うことありませんか??

なかなかうまく整理整頓ができない…
ごちゃごちゃしている状態から抜け出せない…

このような悩みの声が多くの人から聞こえてきます。
私もかつては同じように悩んでいました!

今回は「整理整頓のコツ」についてまとめていきましょう。

ここで紹介する整理整頓のコツをマスターすれば、
あらゆる分野に応用可能なので、きっとあなたは豊かな時間と豊かな人生を手に入れることができるはずです。

この記事があなたにとっての教科書のような存在になれれば嬉しいです!

Let’s SHUTT LIFE!!

 ↓↓ シュッとCheck!  ↓↓

この記事の3つのポイント
  • 整理整頓のコツを活かせる場面はとても多い
  • 自分を知った上で、計画的にゴールに向かうべき
  • 「自分なりに、無理なく、習慣化」が大事
スポンサーリンク

整理整頓のコツを活かす場面とは

どういう場面で整理整頓のコツが活かされる??

「コツを活かす場面」を知らなければ、コツを知る意味も薄れてしまうので、最初にサラッとまとめておきたいと思います。

以下が、一例となります。

仕事
 ・職場や会社といった働く場所での活用
 ・デスク周りや書類の整理作業での活用

部屋・インテリア
 ・クローゼット、キッチン、本、小物といった部屋の整理作業での活用

家庭
 ・育児、家事での応用
 ・子供の教育といった家庭教育での活用

人間関係
 ・恋人、家族、友達などの人間関係での応用

いろいろな場面で活用ができると思いませんか??

一つのことのためだけにコツを活かすのではありません。
多くの場面で活用ができるので、整理整頓のコツを知ることには大きな意義があると言えます。

もっと言えば、人生までもスッキリさせることが可能です。

整理整頓のコツ

整理整頓,断捨離,コツ,方法

それでは、本題の「整理整頓のコツ」について、まとめていきたいと思います。
(全部でコツまであります)

コツ1「ゴールを知る」

整理整頓することだけをゴールにすることはおすすめできません。

なぜならば、やみくもに整理整頓しても一時的な行動に過ぎず、継続しないからです。
整理整頓をした、そのにゴールがあるべきです。

あなたはどんな暮らしがしたいですか?
どんな人生を歩みたいですか?

あなたの価値観をもとにゴールを設定しておくと、
あなたの人生にとって意味のある整理整頓になるはずです。

コツ2「計画を立てる」

整理整頓をする前に「いつ実行するのか?」 「どこをどのように整理するのか?」 など、
基本的な計画事前に立てておくことが整理整頓のコツの一つです。

整理整頓して心機一転できそうな場所はどこなのか…を意識して、
全体を見回しながら計画してみましょう。

その際に、なるべく具体的に書き出してみることをおすすめします。
SMARTの法則(スマートの法則)を参考にするといいでしょう。

あまり時間がかかりすぎる計画の場合、
大ゴトになってしまって結局できなかった…とか、ちゃんと整理整頓の目標が達成できたっけ??…と、自分でもわからなくなってしまします。

10分~30分ぐらいで整理整頓作業が完了するぐらいの時間で、計画を小刻みに組み立ててみてください。

  • 机の上にはペン立てしか置かないように整理整頓する(今週土曜日)
  • 収納ケース内の冬物の上着を今シーズン着られそうなものだけ残して整理整頓する(10月25日の夜)

このぐらいでいいと思います。

几帳面な人はもっと細かくいろいろ計画したいと思いますが、
計画することが主目的ではないので、ある程度さらっと計画してみましょう。

コツ3「許容量を知る」

許容量とは、整理整頓した際に最終的に収めるスペースのことを指します。
いわゆる、収納スペースです。

収納スペースが100しかないのに、200のモノを収納することは不可能です。
よって、絶対に限りがあるはずの「あなたの収納スペース」を把握する必要があるのです。

最大MAXの収納スペースの許容量をしっかり把握できれば、どれぐらいモノを減らすべきかのイメージがわいてきます。

おすすめすることは、最大MAXの許容量の70%ぐらいを目途に収納するモノのを計算しましょう。
ただし、許容量や適正量というものは、ほんとうに人によって変わってくるものです。
(あくまでも100%より十分余裕を持つことが大切)

別に多く持っていても、ストレスなく管理できていれば問題ないのです。
持つ意味を理解し、自分でストレスなく管理できる量を意識しましょう。

NEXT PAGE
さぁ、 ここからが本番!
残りのコツ4~9をチェック!!

▼ あなたにオススメの記事5選!!